So-net無料ブログ作成

夏休みの工作 その1 アイアンの刻印カスタマイズ [ゴルフ]

2017年7月30日(日)


世の中は夏休み気分。出張で新幹線に乗ると家族連れ・外国人観光客ばかりです。そんな中、前からやりたかった工作を実行してみた。100均に行く用事があったのでついで工作に必要な物を買い揃えた。この工作には100均の物が最適ですね。普通のマニキュアは数百円する様子だしね。ただし奥さんと一緒に買いに行きましょう。

【1】まずは準備
1.リムーバー(除光液)
2.白のマニキュア(濃厚なタイプがお薦め)
3.好きな色のマニキュア

IMGP0501.JPG

【2】除光液で色を落とす
IMGP0500.JPG

変更したい現在の刻印部に除光液を付けて、しばらくしてから爪楊枝、ティッシュで色を落とします。
割と簡単に落とすことができますよ。
IMGP0502.JPG

【3】下地用の濃厚な白を塗る
塗装の基礎技術であるシーラー(下地処理)用途として、白を塗ります。はみ出してOK
IMGP0503.JPG

マニキュアがよく乾いたら、ティッシュに除光液を付けてはみ出した白を落とします。
IMGP0506.JPG

【4】白の上から好きな色を塗ります
IMGP0522.JPG

【5】はみ出し部分をリムーバーでキレイに落とせば完成
IMGP0531.JPG


今回分かったのは、明るい色が適しているということ。なので下地状態の白も悪くないな~とそのまま残してみた。7鉄は奥さんの持っていたマットな赤を塗ってみた。
IMGP0514.JPG

IMGP0517.JPG

おしまい

材料費:300円
作業時間:30分


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

猪苗代町で【喜多方ラーメン】 [B級グルメ]

2017年7月28日



初めて訪れた福島県猪苗代町

IMGP0496.JPG



赤べこ(あかべこ)とは福島県会津地方の郷土玩具。「べこ」は東北の方言で「牛」という意味である。
IMGP0481.JPG

起き上がり小法師(おきあがりこぼうし)は、福島県会津地方に古くから伝わる縁起物・郷土玩具の一つ
IMGP0482.JPG


今日のランチは・・・
【喜多方ラーメン】
スープは醤油味の透明な豚骨スープが基本で、あっさりした味わい。基本形は醤油味だが、店によっては塩味や味噌仕立てなどもある様子 麺は「平打ち縮れ麺」。具のチャーシューに特徴が有り、知っている店の物は皆四角い形をしている。
IMGP0483.JPG

IMGP0488.JPG

本場はさらに西の喜多方市なのでしょうが、こちらも繁盛していました。
【喜多方ラーメン 来夢】 喜多方市に本店を構える福島県内のチェーン
IMGP0490.JPG

食べてみれば、全国区の某チェーンと同じ味でした。そういう意味では某チェーン店も本場の味を全国区で再現できているのでしょうね。



【猪苗代湖】
福島県のほぼ中央に位置する。面積は琵琶湖、霞ケ浦、サロマ湖に次いで日本第4位(日本の湖沼の面積順の一覧参照)で、福島県最大。また、湖面の標高514mは全国でも有数の標高の高い湖であり、磐梯朝日国立公園に属する。(Wikipediaより)
IMGP0477.JPG

IMGP0474.JPG



【磐梯山】
磐梯山(ばんだいさん)は福島県耶麻郡猪苗代町、磐梯町、北塩原村にまたがる山で、会津富士(あいづふじ)、会津磐梯山(あいづばんだいさん)とも呼ばれている。日本百名山に選定されており、福島県のシンボルの一つとされている。(Wikipediaより)
IMGP0479.JPG



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行